建築士事務所とは?


 建築士事務所とは?
建築イメージ建築士の資格を持つ設計技術者の事務所で、各都道府県に登録されていなければなりません。
業務としては、建築の設計や監理・調査・鑑定、法令に基づく手続きの代理等を行います。
設計だけを頼むこともできますし、施工者の選定から完成に至る間の一切の監理まで一括して依頼することもできます。

また、街づくりのコーディネーターとして都市計画をまとめたり、大きな建物では構想、事業収支計画、基本計画、実施計画、監理から完成後の施設管理計画、維持保全計画まで頼むことができます。

そのほか、文化財としての建物の保存や、長く使い続けていくための相談に乗ったりもします。

建築士事務所は法人と個人があり、それぞれに一級建築士事務所、二級建築士事務所、木造建築士事務所があります。
また、それぞれの建築士事務所には特徴があり、構造が得意な事務所、設備が得意な事務所、デザインが得意な事務所、住宅の設計が得意な事務所、店舗が得意な事務所、大きなビルが得意な事務所など様々です。

 建築士とは?
建築士法により個人に与えられた国家資格の名称で、一級建築士、二級建築士、木造建築士があります。

構造、規模、用途に応じて設計等ができる範囲が決められています。
他人の求めに応じ、報酬をもらって設計をする場合には、必ず、都道府県の知事が認可する「建築士事務所」の登録が必要になります。

更に、登録を受けた「建築士事務所」には、「管理建築士」が所属しなければなりません。

また、建築士の資格を持った人たちの団体で建築士会というのもありますが、これは、建築士個人が集まって組織する社団法人であって、各都道府県に一ヶ所づつ設けられています。

 建築士事務所は何をするか?
  1. 設計以前の作業
  2. 設計図書を作る。
  3. 設計図書を施工者に提示し、説明し、質問などに答える。
  4. 施工者が提出した「見積書」をチェックする。
  5. 建て主に助言・進言する。
  6. 買い手と売り手の契約に立会い、著名捺印する。
  7. 確認申請などの手続き
  8. 工事施工に関して、各工事の必要な時期に監理をする。
  9. 工事の各段階に関して適切な「検査」をする。
  10. 工事費支払いの審査をする。
  11. 完成検査をする。

 Q&A
Q1.

よく設計事務所を頼むと「高くなる・・・」という方がいます。...そうでしょうか?

Q2.
設計事務所をどうやって見つけるのでしょうか?
Q3.
途中でその設計者と(気が合わない)ときはどうするのでしょうか?